PHPを学ぼう!

▼PHPを学ぶチャプターです。

 

 

 

quetion

 

素材メニュー

 ◆Chapter 1

 ◆Chapter 2

 ◆Chapter 3

 ◆Chapter 4

 

制作ヒント

 ◆制作のヒント

 

レッスンメニュー

 ◆Chapter2 練習問題

 ◆Chapter3 DB練習問題

おサルさんでもわかる?ホームページ作り! | htmlタグ辞典+css



◆Chapter 3 - PHPとデータベース

PHP でプログラムを作るうえで外せない技術が「データベース」です。
データベースを使うことでアプリケーション(プログラム)で様々な情報を手軽に扱うことができるのです。

 

データベースは普段インターネットを利用しているなかで必ずといっていいほど、あなた自身が知らず知らずとも利用してるはずです。
例えば掲示板の投稿内容、会員情報やアクセスログ、検索機能のあるサイトなど思い当たることがあるでしょう。

 

データベースは次のことを得意としています。

  • 検索機能が高速
  • 条件検索が得意
  • 同時アクセス、処理が得意
  • バックアップやログ機能(SQLiteを除く)
  • セキュリティ機能(SQLiteを除く)

 

CSV や XML などの形式で保存されたファイルは検索する情報を上から下へと順番に処理していきます。
データベースは目的のものをキーワードで直ぐに検索することができます。
それにより高速かつ便利に得たい情報を探すことができるのです。

 

一般的に PHP と相性が良いといわれるデータベースは、「MySQL」(マイエスキューエル)といわれる RDBMS(Relational Data Base Management System)、関連データベース管理システムです。
この他に「PostgreSQL」(ポストグレスキューエル)、「Oracle Database」(オラクルデータベース)などもあります。

 

これらのデーターベースを利用するには設置や設定等が必要になり、初心者にはちょっと難しいところがあります。
また微妙に使い方や命令文(SQL文/SQLコマンド)なども違うことがあり、利用するデーターベースを専門的に学ぶ必要があります。

 

PHP には PHP5 以上で組み込まれている「SQLite」(エスキューエルライト)と呼ばれる簡易データベースがあります。
PHP5 以上が稼動するサーバーなら特に準備することなく簡単に利用ができるのです。
SQLite は、データーベースファイルさえあえれば、パスワードの設定をすることもなく、ローカルエリアでも動作するので制作するうえでとても楽にできます。
ファイルの移動やコピーも普段のファイルを扱うように利用できるのです。

 

しかしその反面、セキュリティはとても弱いと言えます。
パスワードが無いということは、ファイルに誰でもアクセスできるということで SQL コマンド(命令)が実行されてしまえばデータの追加や修正、削除ができてしまうのです。
データが一括削除されてしまったということにもなりかねません。
データーベースのファイルに簡単にアクセスされないようアクセス制限をかけたり、第三者がアクセスできない領域を持つサーバーを利用したりすること検討する必要があります。
個人情報のような重要なデータ、大規模のデータべースを構築するのであれば、SQLite の使用は控えた方がよいでしょう。

 

また SQLite にもバージョンがあり、各バージョンは互換性があるとされていますが微妙に動作に違いがあるようです。
慣れないと難しいかもしれませんがデーターベースが使えることでプログラム開発の幅も広がるので是非、挑戦してみてください。

 

 

 


 

 

 

 

 

SSLに対応していません。

 


 

【関連サイト・リンク】

PHPを学ぼう! htmlタグ辞典+css おサルさんでもわかる? ホームページ作り! パワーポイントでYouTube動画を作る! 準備中 準備中 準備中

▲UP

Copyright (C) Ooedo21.com 2019. All Rights Reserved.

+