PHPを学ぼう!

▼PHPを学ぶチャプターです。

 

 

 

quetion

 

素材メニュー

 ◆Chapter 1

 ◆Chapter 2

 ◆Chapter 3

 ◆Chapter 4

 

制作ヒント

 ◆制作のヒント

 

レッスンメニュー

 ◆Chapter2 練習問題

 ◆Chapter3 DB練習問題

 

サイト運営者がPHPを学んだ
お勧めの書籍です!
これ一冊で基本的なPHPの仕組み、簡単なプログラムの作成、SQLiteを使ったデータベースなどかなり学べる要素が詰まっています!

↓↓↓ ↓↓↓

PHPレッスンブック―PHP5対応

中古価格
¥1から
(2018/7/21 10:07時点)

 

 

サイバーテロの技法について書かれた書籍です!
ハッカーの手法を知ることでご自身のサイトがハッカーに攻撃されたときそれを防ぐ手法を紹介しています。

↓↓↓ ↓↓↓

PHPサイバーテロの技法―攻撃と防御の実際

中古価格
¥525から
(2018/7/21 10:09時点)

 

 

当サイトはロリポップを利用しています。
高機能ながら安価な料金で利用できるのでお勧めです。

↓↓↓ ↓↓↓

 

 

ドメインを取るならここ!
69円~独自ドメインが取れます。

↓↓↓ ↓↓↓

おサルさんでもわかる?ホームページ作り! | htmlタグ辞典+css



◆Tip 1 - HTMLのソースコードの改行について

PHP プログラムを書いていると、プログラムから書き出したソース(リストなど)が改行されずに長い一文を書き出すことがあります。

ブラウザで見る限りは、問題ないのですがソースだと長い一文を確認する場合には 横スクロールをしなければならず確認作業がとても面倒です。

改行させたい文には改行コード( \n や \r、\r\n など)を入れると改行ができるのですが、 Linux、Mac、Windows などの異なる OS 環境で切り替えも面倒くさいというのが実情です・・・。

文字コードは以下の表を参考にしてください。

OS の種類

改行コード

改行コード文字

Windows

CRLF

\r\n

MacOS9 以前

CR

\r

MacOS10

LF

\n

Linax,Unix,その他

LF

\n

 

PHP ではソース内の任意の箇所で改行させたい場合には、「 PHP_EOL 」を利用することで改行が実現できます。
「 PHP_EOL 」は、自動で改行コードを追加してくれる便利な機能で PHP 4.3.10 及び PHP 5.0.2 以降で利用が可能です。

 

Chapter 2 - loop(ループ)について』で紹介した西暦を表示するプログラムで説明しましょう。

<form name="sample">
<select name="select">
<option selected">▼選択してください</option>
<?php
  for($i=1950; $i<2001; $i++){
    echo "<option value=\"{$i}\" selected>西暦{$i}年</option>";
  }
?>
</select>
</form>

このコードの書き出し文の最後に「 .PHP_EOL 」を追加すると次の様になります。

<form name="sample">
<select name="select">
<option selected">▼選択してください</option>
<?php
  for($i=1950; $i<2001; $i++){
    echo "<option value=\"{$i}\" selected>西暦{$i}年</option>".PHP_EOL;
  }
?>
</select>
</form>

となります。

 

ソースの体裁を良くし見やすいコードを書きたいとき使えるとても便利な機能です。

 

 


 

 

 

 

 

SSLに対応していません。

 


 

【関連サイト・リンク】

PHPを学ぼう! htmlタグ辞典+css おサルさんでもわかる? ホームページ作り! パワーポイントでYouTube動画を作る! 準備中 準備中 準備中

▲UP

Copyright (C) Ooedo21.com 2018. All Rights Reserved.

+