PHPを学ぼう!

▼PHPを学ぶチャプターです。

 

 

 

quetion

 

素材メニュー

 ◆Chapter 1

 ◆Chapter 2

 ◆Chapter 3

 ◆Chapter 4

 

制作ヒント

 ◆制作のヒント

 

レッスンメニュー

 ◆Chapter2 練習問題

 ◆Chapter3 DB練習問題

 

サイト運営者がPHPを学んだ
お勧めの書籍です!
これ一冊で基本的なPHPの仕組み、簡単なプログラムの作成、SQLiteを使ったデータベースなどかなり学べる要素が詰まっています!

↓↓↓ ↓↓↓

PHPレッスンブック―PHP5対応

中古価格
¥1から
(2018/7/21 10:07時点)

 

 

サイバーテロの技法について書かれた書籍です!
ハッカーの手法を知ることでご自身のサイトがハッカーに攻撃されたときそれを防ぐ手法を紹介しています。

↓↓↓ ↓↓↓

PHPサイバーテロの技法―攻撃と防御の実際

中古価格
¥525から
(2018/7/21 10:09時点)

 

 

当サイトはロリポップを利用しています。
高機能ながら安価な料金で利用できるのでお勧めです。

↓↓↓ ↓↓↓

 

 

ドメインを取るならここ!
69円~独自ドメインが取れます。

↓↓↓ ↓↓↓

おサルさんでもわかる?ホームページ作り! | htmlタグ辞典+css



◆Tip14 - 外部サイトにあるファイルの読み込み

PHP でホームページを作成していると「ファイルの読み込み」のように外部ファイルを取り込むことができます。
関数やヘッダー、フッターなどを他のページでまとめて置くと修正があった場合にとても便利に使える関数ですね。

 

include 又は、require は絶対パスか相対パスで読み込むファイルを指定します。
小規模のサイトを構築する場合には、絶対パスもしくは相対パスは余り気にしないで制作しても問題無いようですが、なるべくは絶対パスを使うことが推奨されています。
何故なら、include したファイルに include があった場合の基点が変になる可能性があるからだそうです。
確かにこの「PHPを学ぼう!」でスマートフォン、タブレット、携帯専用のページを追加した時には読み込みができなかったりしました・・・。

 

絶対パスを指定する場合は次のようにします。

//PHPのバージョンが5.3.0より前
include(dirname(__FILE__) . '/file_A.php');

//phpのバージョンが5.3.0以降のみ
include(__DIR__ . '/file_A.php');

//ドメイン直下からの絶対パスでの指定方法
include($_SERVER['DOCUMENT_ROOT'] . '/file_A.php');

 

注意すべきことは複数サイトやサブドメインを運営している場合には絶対パスで URL(http://~)を設定することができません。
これはサーバー環境設定、php.ini の "allow_url_include = OFF" になっていることで利用できなくなています。
php.ini の修正ができる人は、"allow_url_include = ON" に設定することで利用できるようになります。

 

サーバーの環境設定を変更しなくとも使える便利な関数があります。
readfile で以下のように使います。
使い方はそう変わりませんね。

readfile("http://sample.com/file_a.php");

 

readfile は関数や変数など問題なく読み込みができ大きなファイルであってもメモリを気にすることなく利用できます。
ちょっとしたWEBアプリケーションの提供で使えそうですね。

 

【追記 : 2015/1/24】

readfile でも GET を使って以下のようにパラメータを渡すことができます。

readfile("http://sample.com/file_a.php?id=12345&s=1");

 

 


 

 

 

 

 

SSLに対応していません。

 


 

【関連サイト・リンク】

PHPを学ぼう! htmlタグ辞典+css おサルさんでもわかる? ホームページ作り! パワーポイントでYouTube動画を作る! 準備中 準備中 準備中

▲UP

Copyright (C) Ooedo21.com 2018. All Rights Reserved.

+